こんにちは、阿比留です。

今日は珍しくプライベートな話題をお届けします。







今週日曜日、せたな町にある「太田山(おおたさん)神社」に行ってきました。

目的は、今週実施される中学校の中間テストに向けたお祈りです。





お祈りするだけならすぐそこの寿都神社でもよいのですが、

わざわざせたな町まで行ったのは、

この太田山神社が“日本一参拝が難しい神社”と言われているからです。





その理由は、本殿までの道のりが危険すぎるから。

山の途中、標高330mのところに本殿があります。



ネットで検索すると、登山?と思うような写真がたくさん。

ヒグマやマムシが出るとの情報もありました。





しかし、それだけ過酷な道のりを超えることができれば、きっと願いも日本一叶うことでしょう。



普段運動を全くしない阿比留は、期待と不安を抱えながらもいざ出発!







最初に立ちはだかるのは、傾斜の急な階段たち。この時点で心が折れそうです。

階段の幅がだんだん狭くなっていくので、ロープを頼りに登っていきます。

一回でも止まったらもう二度と足が進みません。ここは気合いで乗り切りました。




ここからは必死すぎて写真を撮るのを忘れていたので、文章のみでお伝えします。




階段を登り終えると、そこからはいよいよ山道。

息切れしながら一歩一歩足を進めていきます。




途中はしごを上らなければならないところがあったり、やっと着いたかと思えばただのダミーだったり(2回も同じ目に遭った)、なんでこんなとこ来たんだろうと本気で思いました。


寿都神社で十分だったでしょうと。



しかしながら、先ほども書いた通りここは日本一願いが叶う神社。

途中で諦めては、ここまで登った苦労が水の泡です。






ひぃひぃ言いながら登ること1時間弱。

ネットで見たあの風景が見えてきました。

いかにも危なそうな吊り橋です。体重をかけたら折れてしまいそう。





そして、この写真では分かりづらいのですが、奥に見える鎖を上らなければ本殿にたどり着くことはできません。

握力に限界を感じながらも、約7mの崖をなんとか上りきりました。






そしていよいよ到着!!!!!!

登りきった先には、まさに絶景が広がっています。







2畳ほどとネットには書いてありましたが、本当にそれくらいの狭いスペースに本殿がありました。





お賽銭を入れて、いざお参り。

「テストで、寿都の子どもたちが頑張った成果を出せますように。」




「…ついでに、たいした努力もせずあっさり5000億円手に入って、田中圭似のイケメンと結婚して、世界征服なんかもできちゃいますように。」





こんなお願いごとをした報いなのか、帰りに思いっきり尻もちをつきました。

神様ごめんなさい。







ともあれ、日本一の神社にお参りしてきたので

しっかり願いを叶えてくれるはずです。







今回の私のお願いは、「テストでいい点が取れますように」

ではなく「みんなが頑張った成果が出ますように」でした。






神頼みではなくて、結局は自分の努力次第ってことですね。







さぁ、お願いも十分したことですし、テスト前日はゆっくり寝ましょうね。







追記:3日経ちましたが未だに筋肉痛が治りません。筋トレ始めようかな。